ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

 
HOME > STAEDTLER Premium > STAEDTLER Premium 取扱い方法

万年筆インク補充方法

インク補充方法:コンバーター  
 supple001.jpg 手順1

【手順 ①】コンバーターの準備

コンバーター後方のノブを図の方向へ回し、ピストンを最後まで繰り出します。
この状態が、インク吸引する前の状態になります。

 
 supple002.jpg 手順2

【手順 ②】インク吸引

コンバーター後方のノブを図の方向へ回し、ピストンを繰り戻して、インクを吸引します。
早く回し過ぎると気泡が混じってしまいますので、適度な速度で動作を行ってください。

 
 supple003.jpg 手順3

【手順 ③】余分なインクを拭き取る

吸引時にコンバーター周りについた余分なインクを柔らかな布などで拭き取ってください。

 supple004.jpg 手順4

【手順 ④】首軸に差し込む

首軸とコンバーターは平行にし、最後までしっかりと差し込んでください。

 supple005.jpg 手順5

【手順 ⑤】インクの出をスムーズにする

図の方向へノブを回し、ペン先へインクを少し送ると書き出しの際にスムーズにインクが通るようになります。

 supple006.jpg 手順6

【手順 ⑥】本体を取り付ける

首軸に本体のボディを取り付けて、コンバーター取り付け完了です。

 
 
インク補充方法:カートリッジ  
 supple001 (1).jpg 手順1

【手順 ①】首軸に差し込む

首軸とカートリッジは平行にし、最後までしっかりと差し込んでください。

 supple008.jpg 手順2

【手順 ②】本体を取り付ける

首軸に本体のボティを取り付けて、カートリッジ取り付け完了です。

ステッドラープレミアム:取扱い情報

 
万年筆洗浄方法
洗浄方法  
流水洗浄 浸け置き洗浄 吸引洗浄
 wash001.jpg  wash002.jpg wash003.jpg 
 

流水洗浄
半日ほどキャップをせずペンを放置してしまったなど、症状が軽い場合。


01:コンバーターやカートリッジを抜き、首軸接合部から水を通して洗い流してください。

02:水が透明になるまで、流水ですすぎを繰り返してください。



浸け置き洗浄
長い間使わず内部でインクが固まってしまったなど、症状が重い場合。
(または、汚れが酷く流水洗浄方法では改善がみられなかった場合。)


01:水を入れたコップなどに首軸全体を一晩水の中に浸け置きます。
(程度によって浸ける時間は調節してください。また、汚れが酷い場合は水の交換を行ってください)

02:その後、流水ですすぎをよく行ってください。



吸引 洗浄(コンバーター洗浄方法)
正常な状態で違う色のインクを入れ替えたいときなど、症状が軽い場合。
(コンバーターのみの洗浄方法です。ペン先や首軸に関しては上記洗浄を別途行ってください。)


01:コップなどに水をはり、吸入作業を繰り返して内部がきれいになるまで繰り返してください。
(汚れが酷い場合は水の交換を行ってください)


※インクが完全に固まっている場合は、無理に吸引作業は行わず、浸け置き洗浄を行ってください

乾燥方法  
乾燥方法

洗浄後はきれいな柔らかい布で水分をふき取ってください。
その後しっかりと陰干して、水分を蒸発させてください。


※ペン芯内部は細い溝やフィンが多く存在し、この機構に水が残ったままインクを通過させると、インクがはじかれたり、流れが悪くなったりする場合があります。



上記の方法にて、問題が解決しない・書き味がもどらない場合は、
弊社お客様相談室へのご相談いただくか、ご購入いただきました店舗までお問い合わせください。
 
 
 
製品のお取り扱い方法  
筆記時 ペン先の乾燥を防ぐ
 treat001.jpg  treat002.jpg
 

筆記時のキャップ取り扱いについて
キャップは軸尾につけず、卓上に置いて筆記してください。


・バランス、自重について
キャップを付けなくとも滑らかに筆記できるように設計されています。


・インク汚れの防止
万年筆の場合、ペン先や首軸についたインクがキャップ内に付着し、
尻軸に付けた際に付着していたインクが軸を汚してしまうことがありますので、ご留意ください。


・万年筆のキャップについて
10分以上使用しないときには、必ずキャップをしてください。


お手入れ方法

キャップ清掃
万年筆キャップお手入れ方法

・毎日のお手入れについて
インクの乾燥を防ぐために万年筆やローラーボールは定期的に使い、
使用後には必ずキャップをしてください。


・本体のお手入れについて
製品を手入れする際に、中性洗剤などの薬剤を使用しないでください。
本体やキャップを拭くときには、柔らかな布を使用してください。


・キャップ清掃に関して
特に万年筆の場合、キャップ内部にインクの付着が考えられますので、
綿棒や、柔らかい布を使用してキャップ内部をクリーニングしてください。
※汚れても良い布をご用意願います




保管方法、注意事項


・長期間ご使用されない場合は、インクを抜いて洗浄してください。

・製品を濡らしたり、湿度の高い場所に保管しないでください。

・極端な高温下や低温下でのご使用や保管は避けてください。

・製品を手入れする際に中性洗剤などの薬剤を使用しないでください。

・製品の一部に天然の素材を使用した製品では、経年変化により風合いが変わる場合があります。

 

ステッドラー プレミアム:取り扱い情報

 

ステッドラープレミアム製品の保証に関して

製品保証について

ステッドラーの製品は優れた素材を使い、行き届いた品質管理の下で生産されております。
製品をご購入いただいた日から2年以内に、製造上の不備により製品が故障した場合には、修理もしくは部品交換などの保証をいたします。保証には、製品をご購入いただいた際にお渡ししている保証書が必要になりますので、大切に保管をお願いします。

ただし、以下の場合には保証の対象外(有償修理対応)となりますので、ご注意ください。

・取扱上の不注意・事故などによる故障・経年変化による摩耗

・保証書の紛失

・保証書に販売店印や販売日の記載がないもの

・お買い求めから2年以上が経過しているもの

 
修理・部品販売について

・修理手続き方法

(1) 製品をお買い求めいただきました販売店へお持込ください。

※贈答品等でお持込が難しい場合は、お客様相談室までお問い合わせください。


(2) 御見積は、現品の状態を拝見したうえでご提示させていただきます。

※有効な保証書のご提示がない場合は、御見積作成料(1,000円+税)を頂戴します。
修理キャンセルとなった場合でも、御見積作成料が発生いたします。


(3) 修理

修理完了後、販売店様経由で製品をお返しいたします。
※部品交換の場合、元の部品は返却いたしません。



・部品販売に関して

部品のみの販売は行っておりません。すべて修理品としてお預かりした後、対応いたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら