ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

 
HOME > 製品情報 > FIMO > フィモ レザー > FIMOレザーエフェクト タッセルの作り方

フィモ レザーでつくる
「タッセルとビーズのバックチャーム」


フィモ レザーから作られたカラフルなオリジナルのタッセルは
素晴らしい贈り物のアイデアです。

フィモレザーは硬化後も柔軟性を保ちますので、タッセルを作ることができます。
さわやかな夏の色のキータグやバッグペンダントとして、お楽しみいただけます。


How To!

アクリルローラーまたは粘土機を使用して、1ブロックのフィモレザーをスイカに広げ、厚さが約1〜2 mmの均一なシートにする。

ヒント: フィモシートを広げた後、手でやさしく動かして少し引き離すと、革の効果がさらに際立ちます。

ベーキングペーパーの上にフィモレザーシートを置き、できるだけ正確に6.5 cm x 12 cmのサイズで各シートの長方形を切り取るためにブレードを使用します。

フィモレザーサフランイエローの1部分をボールに丸めます。

フィモレザーのあるオリーブの1つの部分をより太いひもにロールし、長さ約1.5 cmの部分を切り取る。

黄色のボールと長い緑色のコネクタをビーズピアスニードルに斜めにし、カップの上でバランスをとり、ビーズが空中にぶら下がっているようにします。

これにより、オーブン内で圧力跡が固まるのを防ぎます。次に、フィモレザービーズとシートを、上下両方の熱で130°C 予熱したオーブンで30分間、ベーキングペーパーに焼き付けます。

タッセルを作るには、硬化したシートを裏返します。端から約1 cmのところに鉛筆で線を引きます。

はさみを使って細いストリップ(幅約2 mm)を鉛筆の線まで切ります。カラーベリーのシートでも同じことをします。

 

フィモレザーシートの上縁をスーパーグルーでコーティングし、できるだけしっかりと巻き上げます。
きれいな面が下向き、つまり外側を向いていることを確認してください。
接着剤が乾いて硬化するまでタッセルを持ちます。


 

スプリングフックのキーリングを長さ約40 cmのコードに通し、中央に押し込みます。コードを2倍にし、最初にコネクティングピースを、次にボールを2倍にしたコードの上に通します。

各ビードの後に​​結び目を作り、所定の位置に固定します。次に、2つのタッセルをそれぞれ1本のひもに通します。三重結び目を結び、コードの端を切断する。見えないように結び目を内側に押します。


 


材料の概要 / Shooping List 


8010 109 フィモ レザー サフラン
8010 519 フィモ レザー オリーブ 
8010 249 フィモ レザー ウォーターメロン
8010 229 フィモ レザー ベリー
311-9 ルモカラーペン
8700 22 オーブン温度計
8700 05 アクリルローラー
定規  
ハサミ  
接着剤  

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら