ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

search

03-5835-2812

平日:9:00~17:00 ※土日祝除く

phonelink_ring

 
HOME > お問い合わせ > よくある質問

Q.

一般的な芯の硬度表

A.

一般的な芯の硬度表

鉛筆の芯の硬度は、芯の主原料である黒鉛と粘土の配合の割合によって決まります。粘土を多く配合すると硬く薄く書ける芯ができ、反対に粘土を少く黒鉛を多く配合すると軟らかく濃い芯ができます。

Q.

太軸タイプの鉛筆や色鉛筆は、どの鉛筆削りで削ることができますか?

Q.

マルスカーボンのケースの開け方を教えてください

A.

両手の親指を使い、ケース表面の「 矢印マーク」と、ケース表面にある「傾斜部」の窪み(ギザギザ部分)を軽く押しながら、 矢印マークの方向にスライドしてください。

マルスカーボンのケースの開け方

Q.

マルス ミニテクニコ 芯研器の使用方法を教えてください

A.

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 筆記及び描画以外には、使用しないでください。
② 先端が尖っております。取り扱いには、ご注意ください。
③ 部品(口金、消しゴム等)を口に入れたりすると窒息の恐れがあります。万一飲みこんだ場合は、すぐに医師の手当てを受けてください。
④ 高温になる場所や直射日光の当たる場所に置かないでください。
⑤ 幼児の手の届く場所に置かないでください。

Q.

シャープペンシルの構造について

A.

シャープペンシルの構造について

Q.

芯は何本くらい入れるのが適切ですか?

A.

2~3本を目安にしてください。 ※芯を詰め過ぎますと正常に芯が繰り出されなくなる恐れがあります。

Q.

製図用シャープペンシルの口金は、どこで買えますか?

A.

本体購入店舗、もしくは弊社HPに掲載しております取り扱い店舗にてお問い合わせください。

※製品によっては取り扱いを行っておりません。

お近くの取り扱い店舗はこちらでご確認いただけます。

Q.

製図用シャープペンシル不具合の原因について

  • ノックしても芯が出てこない
  • 芯が折れやすい(または、芯が折れて出てくる)
  • 筆記中、芯がひっこんでしまう
  • ノック時、芯が長く出てしまう(芯が抜け落ちてしまう)

A.

上記のような症状でお困りの方は、下記リンクよりご確認ください。

主な原因

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 筆記や描画以外に使用しないでください。
② 高温になる場所や直射日光の当たる場所に置かないでください。
③ ペン先を水平より上に向けての筆記は避けてください。インク漏れや筆記不良の原因となります。

製品取り扱い上の注意事項

④ ペンを激しく振ったり落としたりすると、インク漏れやインクの噴出しの原因となります。
⑤ 幼児の手の届く場所に置かないでください。
⑥ 保管携帯時は必ずペン先を収納してください。衣服等を汚す原因となります。
⑦ 部品を口に入れたりすると、窒息の恐れがございます。万一、飲み込んだ場合はすぐに医師の手当てを受けてください。

Q.

使用方法について教えてください。

A.

Q.

多機能ペンの替芯はありますか?

Q.

リフィルやシャープペンシルの芯の交換・補充方法を教えてください。

Q.

多機能ペンのシャープ芯が5mmぐらいの長さでよく折れてしまいます。

A.

製品の製造には万全を期しておりますが、多機能ペンは構造が複雑なため「シャープ芯が出ない/芯が折れる」などの現象が起きることがあります。

シャープ芯が出ない/芯が折れる:
先端の金属部を外し、シャープペンシルの先金に緩みがないか確認してください。先金が緩んでいると、芯が真っ直ぐ保持されないため、ノックするたびに芯が折れてしまうことがあります。また、緩んだまま使用されますと、シャープの全長が長くなるため作動不良を引き起こす場合があります。

Q.

取り寄せた多機能ペンのシャープメカ部がとりつけにくいです。

A.

スペアパーツとしてお求めいただいたアバンギャルド(4機能)用のシャープメカ部には、脱落防止用の凹みを入れてあります。お求めいただいた直後の部品は、装着する際に少し強めに押し込んでいただく必要があります。 押し込みが不十分ですと、全体の長さが長くなり、○ボタンを押しても中にペンが戻らない場合がありますので、ご注意ください。

Q.

多機能ペンのクリップが緩んできてしまいました。

A.

弊社多機能ペンのクリップを厚みのあるものに挟まれたり、横方向の力が加わると、クリップ部の根元が歪む等の不具合が生じる場合がございます。 このようになると、クリップに緩みやガタツキが生じたり、根元から取れてしまう恐れがございます。 このため、お取扱いには十分ご注意くださいますようお願い致します。 なお、クリップの不具合につきましては、弊社で修理対応として承ります。

Q.

多機能ペン不具合の原因について

  • ノックしてもボールペンリフィルやシャープメカが出てこない/ひっかかる/リリースできない
  • シャープを選択し、ノックしてもシャープ芯が出てこない
  • シャープを選択し、ノックすると芯が長く出てしまう(芯が抜け落ちてしまう)
  • 口金が装着できない、口金が外せない
  • ボールペンリフィルを差し込んでも抜けてしまう(ゆるい)
  • ボールペンが書けなくなった(インクが出ない)
  • インクが漏れた

A.

上記症状の詳細な説明をしております、ご確認ください。

主な原因

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 筆記及び描画以外には使用しないでください。
② 使用後は必ずキャップを閉めてください。
③ 衣服などにインクが付くと落ちない場合がありますのでご注意ください。
④ 幼児の手の届く場所に置かないでください。
⑤ 部品を口に入れたりすると、窒息の恐れがございます。万一、飲み込んだ場合はすぐに医師の手当てを受けてください。
⑥ 万一、インクが目に入った場合はすぐに水で洗眼し、医師の手当てを受けてください。
⑦ 火気に近づけないでください。
⑧ インクジェットインク仕様(インクジェット用紙、プリンタブルタイプのCD/DVC等)のものには、使用しないでください。 ※インク定着剤がペン先に詰まる場合があります。
⑨ 顔料系インクのマーカー、サインペンは、インク中に含まれる顔料の粒が大きく、重いため、インクの中で沈んでしまう傾向にあります。 このため、ペンを縦向きで長時間保管した場合、筆跡が薄くなったり、ペン先が詰まって書けなくなることがあります。 インク中に含まれる顔料の分散状態を一定に保つため、ご使用後は、横向きに寝かせた状態で保管してください
⑩ できるだけ高温多湿を避け、温度変化が少なく、直射日光の当たらない場所に横置きしてください。

Q.

テキストサーファーゲルの替芯はありますか?

A.

替芯はご用意しておりません。

Q.

サインペン/蛍光ペン不具合の原因について

  • 書けなくなった(インクが出ない、かすれる)
  • インクの色が薄い

A.

上記症状の詳細な説明をしております、ご確認ください。

主な原因

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 筆記や描画以外に使用しないでください。
② 高温になる場所や直射日光の当たる場所に置かないでください。
③ ペン先を水平より上に向けての筆記は避けてください。インク漏れや筆記不良の原因となります。

製品取り扱い上の注意事項

④ ペンを激しく振ったり落としたりすると、インク漏れやインクの噴出しの原因となります。
⑤ 幼児の手の届く場所に置かないでください。
⑥ 保管携帯時は必ずペン先を収納してください。衣服等を汚す原因となります。
⑦ 部品を口に入れたりすると、窒息の恐れがございます。万一、飲み込んだ場合はすぐに医師の手当てを受けてください。

Q.

ボールペンの筆記角度は、何度くらいがいいですか?

A.

60~90°くらいが理想的です。

Q.

一般的なボールペンの仕組みはどうなっていますか?

A.

ボールペンは、先端部に取り付けてある小さなボールが、筆記時に紙の抵抗を受けながら回転し、それによって軸内のインキを引き出して紙に転写するようになっています。

一般的なボールペンの仕組み

Q.

紙に書いたボールペンのインクを消したいです

A.

Q.

インク汚れの落とし方

A.

消えない、落ちないことを前提にしているので、一般の洗濯では完全には落ちない場合があります。 また、一般の洗濯をした場合はかえって汚れが広がる恐れがあります。 クリーニング店にご相談ください。

Q.

ボールペン不具合の原因について

  • 書けなくなった(インクが出ない)
  • インクが漏れた

A.

上記症状の詳細な説明をしております、ご確認ください。

主な原因

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 作図や描画以外の用途に使用しないでください。
② 製図器先端の針や三角定規の角などは、尖っているので取り扱いにはご注意ください。
③ 幼児の手の届く場所に置かないでください。
④ 落したり強い衝撃を与えた場合、故障や破損の原因となります。
⑤ 定規をクリーニングする際、溶剤(シンナー・アルコール等)の含まれたもので拭った場合には目盛りや印字の印刷が落ち、薄くなりますので、ご使用しないでください。また、長時間の使用でも摩擦により目盛りや印字が薄くなる場合があります。

Q.

製図版・平行定規等のクリーニングについて

A.

  • クリーニングを行う際は、20倍程度に薄めた中性洗剤で板面を拭いてください。
  • 市販のクリーナーや有機溶剤は、板面が溶ける恐れがありますので使わないでください。

Q.

平行定規の使用方法について教えてください

A.

Q.

平行定規の部品を購入できますか?

A.

可動部等が精密に作られているため、工場対応での修理扱いとさせていただいております。ご購入いただきました店舗へ、修理依頼品としてお預けください。

※スチールプレートのみ、部品単体で販売を致しております。

Q.

定規のエッジとは何のためにありますか?

A.

インクエッジ・・・定規を裏返して墨入れすると、インクが定規の下にしみこむのを防ぐことが出来ます。
カッティング専用エッジ・・・カッターによる定規の傷を防止することが出来ます。

定規のエッジ

Q.

コンパスの穂替部の替えは販売していますか?

A.

取り扱いはありません。

Q.

コンパスの替芯はありますか?

A.

コンパスの替芯

Q.

製品取り扱い上の注意事項

A.

① 筆記・描画以外の用途に使用しないでください。
② ペン先の装着が不完全な場合(ねじ込み不足等)、インク漏れをおこしたり、正常な筆記が出来なくなります。
③ ペンを激しく振ったり落したりすると、インク漏れやインクの噴出しの原因となります。
④ 衣服などにインクが付くと落ちない場合がありますので十分注意してください。
⑤ 先端が尖っているので、取り扱いにはご注意ください。
⑥ プロット用インクペンは、機械に適合するインクペンホルダーと併せてご使用ください。
⑦ 0.2mm以下の細い線幅のペンは出来るだけインクを抜き洗浄してから保管してください。

Q.

製図ペンの使い方・保管方法はこちらをご覧ください。

Q.

プロットペンの使い方・保管方法はこちらをご覧ください。

Q.

色を混ぜて使用はできますか?

A.

色の異なるFIMOを混ぜ合わせて、ご使用いただけます。

Q.

FIMOに色付けできますか?

A.

焼成後の作品に、アクリル絵の具や油性マーカーで色付けすることができます。

Q.

オーブントースターで焼成できますか?

A.

オーブントースターは焼成時の庫内温度が一定になりません。 作品が焦げる恐れがあるため、ご使用にならないでください。 必ず110℃に温度設定ができる「オーブン」または「オーブンレンジのオーブン機能」を使って焼成してください。

Q.

FIMOの保管方法を教えてください

A.

保管時の環境によってはFIMOが硬化する可能性がありますので、必ず下記方法にて保管ください。

① 直射日光の当たる場所、高温多湿の場所を避けてください。
② 最適保管温度は、15~28℃です。
③ 未使用の粘土は、ラップなどで密閉し保管してください。

Q.

硬くなってしまったFIMOを柔らかくする方法はありますか?

A.

気温が低い時は、FIMOが硬く感じる場合があります。 使用する分のFIMOを、手のひらやポケット等に入れて人肌程度に温めてみてください。 その後、よく捏ねていただければ柔らかくなることがあります。

※ミックスクイックを入れ過ぎると、色が薄くなりますので御注意ください。(FIMO:ミックスクイックを、2:1の割合で入れることを推奨します)

Q.

製品カタログはありますか?

A.

誠に恐れ入りますが、製品カタログは販売代理店および販売店のみの配布とさせていただいております。製品情報につきましては、弊社HPの製品情報欄にてご確認いただけます。

Q.

消しゴムの使用上の注意事項

A.

Q.

電話やメールで直接注文はできますか?

A.

ユーザー様への直接販売及び通信販売は行っておりません。販売店からのご購入をお願い致します。

Q.

修理をお願いできますか?

A.

 

ご購入いただいた店舗に修理依頼をお願い致します。弊社修理規定に従い処理をさせていただきます。場合によっては、修理不能や修理をお断りする場合もございますのであらかじめご了承ください。

 

Q.

製図用シャープペンシルの先端部やノック部を購入できますか?

A.

製図用シャープペンシル(925 25、925 35N)の口金(先端部)及びプッシュボタンは部品として販売いたしております。

ご注文に関しましては、本体をご購入いただいたお店もしくは弊社製品取り扱い店舗にてお問い合わせください。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら