ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

 
HOME > トピックス > 新製品情報 > ルモグラフシリーズに新製品発売

ルモグラフシリーズに新製品発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルモグラフシリーズに新製品発売
ステッドラーの代名詞的存在、マルスルモグラフ鉛筆のシリーズに、チャコール芯でできた、マルスルモグラフチャコール鉛筆、全てが芯の鉛筆、マルスルモグラフフルグラファイト鉛筆が新発売となりました。
チャコール(木炭)芯でできた鉛筆は、こすった時の伸びもよく、陰影のグラデーション表現も手軽にできます。ラフなスケッチや、油絵の下書きにもお使いいただけます。
軸が全て芯でできたフルグラファイト鉛筆は、削り方によって極細から極太までラインを自由に作れるのが魅力です。
様々な種類が揃った、マルスルモグラフ鉛筆シリーズを今後ともよろしくお願いいたします。

□アーティストからのコメント

100C マルス ルモグラフチャコール鉛筆について

ばしっと紙にのる真っ黒な色合い

100B 8Bにあるようなキシキシ感、
そしてばしっと紙にのる真っ黒な色合い。
従来のチャコールでは手が汚れてしまい、イラストを描くようなスケッチは難しかったですが、
これは、鉛筆を使用する感覚でチャコールのよさを表現できる気がします。
個人的にはSの少し湿ったタッチ、柔らかさが気に入りました。
指でぼかすもよし、はっきりとしたラインのまま定着スプレーするのもよし、筆に水をつけ滲めるもよし。
まだまだ表現方法はたくさんある気がします。


SAYORI WADA

スイスを拠点に活動するイラストレーター兼ペインター。
店内装飾から、看板、コラボレーション商品など幅広く手がけている。
HP:http://sayoriwada.com/


100G マルス ルモグラフフルグラファイト鉛筆について

極細から極太すべてのラインを自由に

芯のみのボディなので、削り方によって極細から極太すべてのラインを自由に作れるところがこの商品の面白さなのかな、と感じました。

握力強めな私でも、先端がポキポキ折れたりせず大変使い心地が良かったです。

締りのある細ラインもきちんと引くことが出来たり、角度を傾けて木炭のような幅広の塗り方も再現できました。

最初は木炭風の真っ黒な色を想像したのですが、描いてみると優しいチャコールグレーだったのも意外でした。

 この鉛筆一本で大胆なスケッチから繊細な細密描写まで様々な対応ができるので

密度高めの風景画や人物画デッサンに向いているのではないかと思います。



住田 葉子
イラストレーター
アパレル企画会社でデザイナー&コーディネーター経験を積み、2009年からフリーランスのファッションイラストレーターとして雑誌や書籍などで幅広く活動中。
使用鉛筆:マルスルモグラフ ジャンボ高級鉛筆 
HP:http://yohkosumita.com/index.html
Instagram:https://www.instagram.com/yohkosumita/?hl=ja




□製品情報

100C ¥220(本体価格 ¥200/本)
●3硬度(S,M,H)
●サイズ:W176×H7×D7mm 
●重量:6g
●ドイツ製
※先端は削っておりません。



100G M6 ¥1,980(本体価格 ¥1,800/セット)
●6硬度(HB,2B,4B,6B,8B,10B)
●サイズ:W55×H184×D11mm 
●重量:119g
●ドイツ製

100G M12 
¥3,960(本体価格 ¥3,600/セット)
●12硬度(HB,B,2B,3B4B,5B.6B,7B,8B,9B,10B,11B)
●サイズ:W102×H184×D11mm 
●重量:222g
●ドイツ製

マルスルモグラフフルグラファイト鉛筆は、上記2セットのみでの発売です。

プレスリリースはこちら
ルモグラフチャコール鉛筆

フルグラファイト鉛筆
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら