ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

 
HOME > 製品情報 > FIMO > フィモでハロウィンを楽しもう!!

フィモで
光るゴーストを作ろう!



ハロウィーンはもうすぐです!
夜に怪しく光るゴーストの飾りを​​自分で作って楽しみませんか?

この光るゴーストはとっても簡単!ぜひお試しください!


How To!
①光るゴーストのモビール

 

FIMO エフェクト ナイトグロー(8020-04)を使用して、ゴーストモビールを作成します。最初にFIMOを4列分切り取り、丸めてこねて、次にアクリルローラーで厚さ約3mmのシートに伸ばします。

伸ばしたシートをテンプレートに沿って切り取ります。

テンプレートはこちら

切り取ったフィモをまげて、円錐形のゴーストになるように形を整えます。

よりゴースト感を出すために、裾を広げ伸ばしましょう。ただし薄くしすぎないようにしましょう。

伸ばした裾を波打つようにゆっくりと形を整えましょう。

細い棒や、竹串で紐を通すためにゴーストの頭に穴をあけます。
その後、110℃に余熱をしたオーブンで30分間加熱します。

加熱後、完全に冷めたことを確認して、ゴーストに油性ペンで顔を描きましょう。

最後に、ナイロン糸をつまようじの小片に結び、ゴーストの頭の穴に通します。すべてのゴーストを1つの枝に結び付けます。
ハロウィーンパーティー用のゴーストモビールの完成です!


How To!
②光るゴーストの窓飾り

 

FIMO エフェクト ナイトグロー(8020-04)を使用します。最初にFIMOを4列分切り取り、丸めてこねて、次にアクリルローラーで厚さ約3mmのシートに伸ばします。

次に、ゴーストテンプレートを切り取り、伸ばしたフィモに置いて形に合わせて切り取りましょう。

テンプレートはこちら

切り取った後、端を指でなめらかに整えて、110℃に余熱したオーブンで30分加熱します。

加熱後、冷めたことを確認して、顔を描き、両面テープで窓に貼りましょう。
暗くなってきたころに怪しくゴーストが光るでしょう。


材料の概要 


※上記画像には一部国内で取り扱いのない製品も含まれております。代用品を下記の表に記載しております。予めご了承ください。
8020-04 フィモ エフェクト ナイトグロー
8700 22 オーブン温度計
8700 05 アクリルローラー
8711 造形用ヘラ ない場合は割りばしなどで代用ください。
竹串 穴あけ用。細い棒であれば大丈夫です。 
ナイロン糸 透明のものが好ましい 
ハサミ  
カッター  
油性ペン  
ベーキングシート こげないものをお使いください。 
木の枝  

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら