ステッドラー日本公式サイト
文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーです

 
HOME > 製品情報 > FIMO > フィモレザー > フィモレザー ラゲッジタグの作り方

フィモ レザーでつくる「ラゲッジタグ」


旅行する際に、荷物を安全に運ぶのに欠かせないラゲッジタグ。フィモ レザーでオリジナルのラゲッジタグを作りましょう!


How To!

ナッツ色のフィモ レザーを薄いシート状に広げます。クレイマシンを使用してこれを行うのが最も簡単ですが、アクリルローラーを使用することもできます。どちらの方法を使用する場合でも、シートの厚さは1 mm未満にする必要があります。

スタンプを均等に軽くフィモ レザーに押し込み、文字がシートに刻印されるようにします。

段ボールのような厚紙の上にテッシュを置き、その上に作品を置いて、オーブンで30分間130°C で加熱します。その後よく冷ましてください。

紙から左側の小さいタグテンプレートを切り取ります。テンプレート全体をレタリングの上に合わせて、シートの上に置きます。

鉛筆で辺を丸く描きます。もう一度フィモにテンプレートを配置しトレースします。

両方のテンプレートをシートから切り取ります。

カッターの刃を使って、シートの小さい方の部分から描かれた「U」字型を切り、小さな折りたたみ窓を作ります。

これにより、宛名ラベルを隠す折りたたみ式タブが形成されます。

 

切り取った2つのシートを重ねて配置します。ミシンですべての周りを縫います。

タブのはみ出した部分には、隙間を空けてください。これは、後で住所ラベルを挿入する場所になります。

1 mmの縫製スペースを残して、突出したタブを切り取ります。

タブをタグの上に戻して縫います - タグを開くことができることを確認してください。

マークされた場所にスナップボタンを取り付けることができるように、穴を開けます。

 

次にスナップボタンをタブに取り付けます。


 

残りのフィモレザーから1 cm x 20 cmのストラップを切り取ります。


 

閉じることができるように、スタッドファスナーをストラップに取り付けます。

カッターを使用してラゲッジタグの上部にスロットを切り、そこにストラップを通します。お好みで、別の小さなデザインのタグをつくることができます。

これを行うには、パンチを使用してフィモ レザーシートから飛行機の形を打ち抜き、その中に穴を開けてリングに通します。


 

ロゼゴールドのアクリル絵の具でレタリングの色を塗り、完全に乾かします。

最後に小さな飛行機を大きなラゲージタグに付けます。


 


材料の概要 


8010 779 フィモ レザー ナッツ
8700 22 オーブン温度計
  クレイマシン
8700 05 アクリルローラー
パンチ  
ハサミ  
カッター  
スナップボタンパーツ  

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

 お客様相談室はこちら